お仕事インタビュー#0006
バス運転手

お仕事インタビュー#0006はバス運転手の温泉中毒さん。

インタビュー内容

業種(業界)

バス運転手

職種(部署・ポジション)

総務部・運行責任者

自己紹介

営業職と接客業を含め様々な業界を20年以上、渡り歩いてきました。色んな仕事を経験して最終的に「バス運転手」という仕事に落ち着きました。

現在今の仕事をされて何年目ですか?

現在はスイミングスクールで運転手をして3年目に突入しました。

あなたの部署もしくは役割は何ですか?

送迎バスの運転をメインに運行ダイヤや整備の全般を

なんでこの仕事をしようと思いましたか?

小さい時からクルマが好きでしたが、免許取得にハードルが高いこともあり諦めてましたが教習所で免許が取得できることを知り最後はコレだ!と直感で決めました。

業務内容について

バスの運転です

面白みは何ですか?

季節に応じて普通の車では味わえない景色を楽しめます

やりがいをどこに感じていますか?

みんなが笑顔で降りていく瞬間ですね!

世の中のイメージとのギャップは何だと思いますか?

バスは公共交通でもあるので拘束時間などが長いことや給料が安い部分ですかね?

みんなが知らないであろう業界のあれこれは何ですか?

高速道路を運転すると指差し確認してしまうw

その職だからこそ得れた自慢のスキルや面白いスキルは何ですか?

バスを運転するようになって運転の仕方が劇的に変わったことです。あとは一緒にクルマに乗った人を寝落ちさせる割合が増えました。

この仕事のアピールしたいコトを教えてください。(いいこと、悪いことなど)

この仕事は責任の重さや時間管理など大変な面はありますが自分の姿を身近に見てもらえる仕事だと思います

会社の紹介など特別アピールしたい事があれば聞かせてください。

自動運転が騒がれてますが、まだ未来の話だと思ってます。まずはバス運転手さんの仕事を知ってもらえると嬉しいです