お仕事インタビュー#0008
不動産売買仲介業

お仕事インタビュー#0008は不動産売買仲介業のサトシさん。

インタビュー内容

業種(業界)

不動産売買仲介業

職種(部署・ポジション)

部長

自己紹介

中学卒業から塗装工として働いて、24歳で不動産営業に転身。新人時代は売れない営業で2社逃げるように退社。3社目はセンチュリー21加盟店に入社して躍進。鬼の社長にしごかれ最終的には取締役。現在は先輩が立ち上げた会社にて営業として勤務。その傍らで営業講師としてもこなしています。

現在今の仕事をされて何年目ですか?

16年目になります。

あなたの部署もしくは役割は何ですか?

営業

なんでこの仕事をしようと思いましたか?

借金返済と不動産投資を覚えるため

業務内容について

不動産調査が1番の時間を占めます。

面白みは何ですか?

商品が決まっていないので、色んな数字の作り方があるところ。

やりがいをどこに感じていますか?

成果主義です。頑張ればお金も将来もついてくる。

世の中のイメージとのギャップは何だと思いますか?

意外と地味な仕事です。

みんなが知らないであろう業界のあれこれは何ですか?

とにかく疑い深い。すぐに人の腹を考えてしまう。家を売ってるのに家に興味ない人が多い。

その職だからこそ得れた自慢のスキルや面白いスキルは何ですか?

営業力、運転技術、推理力、危険察知能力。

この仕事のアピールしたいコトを教えてください。(いいこと、悪いことなど)

大きな金額を動かす仕事(売買に限り)ですので、大きな責任が伴います。正直、大変ですが一生物のスキルと将来性がある仕事だと思います。

会社の紹介など特別アピールしたい事があれば聞かせてください。

家しか扱えない不動産営業は沢山いますが、不動産に関わる事であれば何でも扱います。相続、後見人、家族信託まで、士業に関わる分野を強化しています。