お仕事インタビュー#0030
デザイナー兼ディレクター

お仕事インタビュー#0030はデザイナー兼ディレクターの二宮さん。

二宮さんのプロフィール

業種(業界)

ITサービス/HR/制作

職種(部署・ポジション)

クリエイティブディレクター/編集長/
(デザイナー※現在は名乗っていませんがやっています)

自己紹介

福島県生まれ、札幌育ち。
札幌でデザイン系の大学を卒業後、
デザイン事務所、ブランディング会社でデザイナー・ディレクターを経て、
2020年からNKインターナショナルにジョイン。
リクライブの立ち上げや携わり、リクライブ責任者に就任。
日本の採用の未来を変えるべく、リクライブを通して様々な発信をしている。

インタビュー内容

現在今の仕事をされて何年目ですか?

デザイナーとして10年目

あなたの部署もしくは役割は何ですか?

現在はIT事業部(受託でのWEB制作)の責任者、
採用ライブサービス「リクライブ」の責任者

なんでこの仕事をしようと思いましたか?

雑誌などのエディトリアルデザインに憧れており、
自分で見様見真似でデザインを作り始めたことがきっかけです

業務内容について

デザイン

面白みは何ですか?

ロゴ制作(企業ロゴ、ブランドロゴ)そこから様々な制作物に派生したときに、
統一感をだし世界観を作っていくこと

やりがいをどこに感じていますか?

自分がつくったものを人に見てもらい、反応をもらえた時

世の中のイメージとのギャップは何だと思いますか?

デザイナー=華やかなイメージがある中で、
いろんなものをデザインする必要がある泥臭い仕事だと思います。

みんなが知らないであろう業界のあれこれは何ですか?

常に納期に追われているので就業時間というものを意識して働いたことがない
名刺や発行物を見て紙質やフォント、
色づかいに目がいってしまう
どんなものでも綺麗に整えないと気に入らない(エクセルでさえ)

その職だからこそ得れた自慢のスキルや面白いスキルは何ですか?

5年6年たった時位から瞬時に色々作れるようになりました。
良くも悪くも作成スピードが速く簡単に思われてしまいますが、
人にどうやって見せて伝えるか、中身の補足含め…得意です。

この仕事のアピールしたいコトを教えてください。(いいこと、悪いことなど)

いいこと:毎回いろんな業種の方とお仕事ができるので
常に新しい考え方を取り入れることができる。
仕事がルーティン化しづらく刺激的(固定依頼デザインの仕事じゃない限り…)
わるいこと:仕事が長時間化しやすく、本当に好きでなければ続けづらい。
マンパワーでしか売上を立てづらいので高収入にはなりにくい職種

会社の紹介など特別アピールしたい事があれば聞かせてください。

リクライブは新しい採用のあり方を追い続けているライブ型の採用サービスです!
是非登録して視聴してください!